Tuesday, July 23, 2013
いきなり死ねって、どういう事ですか?あなた達には社会の常識がないのですか?
普通は、「あのう、すいませんけれど死んでくれませんか?」とか
「あなたはには、死ぬという選択肢もありますよ」とか言うものですよ。

あなたみたいに最初から喧嘩腰だと、言われた方は、
「じゃぁ死んでみようかな」とかいう気持ちがなくなるものです。

まずは、親切丁寧に人に死んでと頼むべきだと思いますよ。

そこから、人の輪と協調が生まれ、「よーし氏んでみるか」
という気持ちが生まれるわけです。

いきなり死ねって、どういう事ですか? - コピペ新聞 (via iterwtt) (via iterwtt) (via nasrapracter) (via roland303) (via toutiku-m44) (via puruhime) (via fukumatsu) (via ipodstyle, iterwtt-deactivated20110922) (via yaruolikes) (via ibi-s) (via bigyawn)
Sunday, May 12, 2013
仏教は、「生きること」はすなわち「苦である」という自覚から始まります。ずいぶん悲観的な宗教だと思うかもしれませんが、この場合の「苦」の原語はドゥッカーと言いまして、「満足できない」といった意味合いです。  私たちは必ず「満足できない」、つまり「思いどおりにならない」という苦悩に直面します。そこで(現実を思いどおりにコントロールすることはできないため)、「思い」のほうを調える。たとえば、「思い」を消し去ってしまえば、「苦悩」も消滅する、それが仏教の理路です。 覚悟の決め方 / 河野 太通 (via highlight)
Tuesday, May 7, 2013

どうして現代人は、こんなにもつまらない人間になったのだろう?
それは「理念」を見失ったせいだ、とキルケゴールは言う。

偉大なものを求めようとしないで、生ぬるい、そこそこの物事で満足する。到達不可能なほど遠くにある目標を、それでも追求しようなんて無駄なことだと思う。無我夢中で、とにかくやってみようなんて、馬鹿げていて恥ずかしい!

つまり、ぼくらは「賢い」のだ。
夢や幻想を追うことなく、理念を求めることなく、ひたすら自分の意識・注意を自分自身の言動に向けて、ちゃんと合理的に立ち回っているかを、チェックし検討し続けているのである。

現代人が駄目な原因は、反省の過剰さにある。:日経ビジネスオンライン (via futureisfailed)
Tuesday, April 2, 2013
フォロワーの女の目を気にすれば気にするほど男子ついったらーの呟きはあらゆる角度から見て劇的に面白くなくなっていく……この村に古くから伝わる言い伝えですじゃ…… Twitter / ShoutedSteel (via whyareyouwanazawasan)
Saturday, January 12, 2013
Thursday, January 3, 2013
オタクである事は認めながらも「フィギュアには手を出していないからセーフ」という謎の基準 1体でもフィギュアを手に入れると増殖するという都市伝説は正しかった:萌えオタニュース速報 (via yaruo)
ドイツのカメラ業界は日本に全く歯が立たないから衰退したわけで、滅ぼした側の日本人がいまだにドイツの光学製品を信仰しているのはある意味笑い話だ。 安原製作所回顧録 - 情報考学 Passion For The Future (via proto-jp) (via yaruo) (via gkojax)
2009-09-18 (via gkojay) (via hkj) (via s-hsmt) (via gutarin) (via skamio) (via currychef) (via tataraseitetsu) (via quote-over100notes-jp) (via n-koba) (via f5r6i5d1a3y) (via bigyawn)
福袋に群がるババアの群れを見てると、数時間前に煩悩を打ち消す意味で鳴らしてた除夜の鐘とは何だったのかと思う。 すくいぬ デパートの初売りごときで日本人が2万人も列 これは醜い (via vhodnk)
Monday, December 24, 2012
世の中が実は非常にいい加減で、曖昧で、美しくないものであることに薄々気が付きながら、しかし欠けたるものは何もなく、すべてのことに理由が、秩序がなければならないと考える。そういう人は俺も含めて大勢いる。これは突き詰めれば生きていることにすら意味や理由がなければならない・・・という立場を取ることでもあるので、往々にして精神をやったり、世捨て人になったりしやすい。また、「子をなして血を残す」という生き方よりは、芸術やものづくりの方向に行きやすいようにも思う。

 信じることから宗教が生まれ、疑うことから哲学が生まれたが、「意味も理由もないけどとりあえず心安らかに生きている」という精神のありように永遠に辿り着けない人種は、それこそ文明が生まれた頃から一定数必ずいる。そして人間の性格はたった50年やそこらでは治らない。俺は信念とも情熱とも違った何か大きな抗いがたいもののために、叫び出しそうになるのをこらえながら、思考と試行を重ね、祈り、働き、ときに努めて何も見ないようにしながら、明日も明後日も、生きなければならない。残像は未だ消えず、物語もまだ終わらない。
[mixi] RY0さん | 信念とも情熱とも違った何か大きな抗いがたいもののために (via ultra-omitamatic)
Saturday, August 18, 2012
何時ものように画材店に寄って絵の具を補ったが水彩絵の具って小さい割に高価だとあらためて思う。
病気してから金銭感覚が少し変ったみたい。
本当に欲しいものや喜んで貰えることなら使うのが嬉しいが自分の着る物や食事などは質素でいい。
幸せ感ってこんな状態かも。
水彩を: 気がつけば82歳 (via kogumarecord)